アメリカで緑茶ブームが到来

アメリカのシリコンバレーでは緑茶がブームだそうです。なにやら、緑茶をエナジードリンクとして飲んでいるらしいです。

これまで、外国人には緑茶の味は受け付けられないというイメージを持っていましたし、実際に緑茶は苦くてダメだという外国人が大半だったと思います。

これも訪日外国人の増加や国際化によって、緑茶の味も海外で受け入れられるようなったのかと思うと驚きです。たしかに、その傾向は他でも見られます。

外国人のお土産として人気があるのが、抹茶味や緑茶味のお菓子です。

私個人は、あまり抹茶味や緑茶味が好きでないのですが、海外へ持っていくと喜ばれます。
ここでもお茶の味が海外でも好まれるようになっているのがわかります。

ついに、苦みをストレートに味わう緑茶が海外進出したのには想像以上の出来事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です